スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職活動を全力でやり切ったあなたが

就職活動を全力でやり切ったあなたが
実は、就職活動を全力でやり切ったあなたが受け取るものは「内定」だけではありません。
自分が勝負すべき所で全てをやり尽くし,結果を出したという「自尊心」も手にします。

これこそ、あなたが社会人になっても成功していくための、ひとつの武器となるものです。

この就職活動を通して、明るい将来を自分で築いていきたいあなたを、
私は本気で応援したいと思います。
スポンサーサイト

2014年度“就職活動”の必勝マニュアル

2014年度“就職活動”の必勝マニュアル
社会人になってからも、転職したりMBA留学したり
会社を経営したりと、自分自身のキャリアを見つめてきました。







一方で、日本やアメリカでの採用の経験も交えて
就職や転職などキャリアに関するアドバイスや講演を毎年続けてきました。

そんな中、思うことがあります。




アメリカでヘッドハンティング会社にいた頃、年収100万ドルの
エグゼクティブ採用プロジェクトにも関わりましたが

その時も、候補者たちの経歴をチェックしていて、

「やはりキャリア形成で最も重要なのは学校を卒業して一番最初に就く仕事だ」
と、実感しました。


今までどんな生活を送ってきたかは関係ありません。
「就活の時期に、それらの過去を一気にひっくり返すことができるからです。


ここに、ひとつはっきりしているデータがあります。

それは、

就活としっかり向き合い、試行錯誤しながら就職活動をし、
納得できる結果を出してきた人達の方が
社会人になっても満足のいくキャリアを積めている

というデータです。


コンサルティングファームの場合、新卒と中途が交じることが多く
仕事がデキる人とデキない人の差が見えやすいです。  

しかしそれ以外のどんな業種でも、実は25~28歳くらいになると
大学では差がなかったはずの友人と
社会に出てから随分と差がついてしまったように感じることが多いです。  


・能力はほぼ同じだったはずなのに、
 3年後の年収で200万円違っているという格差

・同じ大学同じゼミ出身なのに、
 就職先が違うだけで3年後に市場価値で大差がついている事実


このリアルな差は、さかのぼると学生時代に就活をいかに上手にやったか と関連しているのです。  


企業の規模や業種は関係ありません。
就職活動によって生じた差は、将来もっと露骨に大きくなって現れてきます。


そして、この差が最も出やすいのが、いわゆる超就職氷河期と言われる今年です。

なぜなら、特に2014年度は企業の採用コストが削られているため
他の学生より頭ひとつ高い可能性と熱意をじっくりと見極めようとするからです。

今までに1,000人を超える人事部長、経営者、採用担当者と「新卒採用」について
本音で語り合ってきましたが、今年は本当に各社が慎重になっています。


では、このように極端な就職状況の今年はあなたにとって「貧乏くじの年」なのか?


私はそうは思いません。むしろ逆です。
【就活】2014年度“就職活動”の必勝マニュアル 【 スゴイ内定術 】 ~心から満足できる内定を取りたい学生の方へ~


2014年度“就職活動”の必勝マニュアル
マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)Word&Excel2007資格取得通信講座
記憶術 新・原口式記憶術

就活のアドバイスをするまでになりました

就活のアドバイスをするまでになりました
そのせいか、大学4年生の時には、現在も人気がある某就職サイトから
私の就活の成功体験をもとに、ひとつ下の大学3年生の就活の悩み相談に
のってほしいという仕事の依頼(意外と高額バイトです!)がきて、

就職サイトの進路相談コーナーにて就活のアドバイスをするまでになりました。


他にも、親しい後輩には直接アドバイスしたのですが、

それまで就職活動に不安がいっぱいだった3年生達が
自信を持って就活に取り組むようになり、マスコミや銀行、
商社やメーカーなど、第一志望企業に全員が内定したのです!

当時はまだ自分の就活経験しかなく、理論的にも不足していたのに
アドバイスした後輩全員が第一志望に内定したので、むしろ私自身がビックリしました。


この経験が、今のキャリアコンサルタントとしての私の原点となっています。

自分の心にウソをつきながら就職活動

自分の心にウソをつきながら就職活動
何か自分にとってショックなことが起きた時、ヒトは初めて意識改革できると言いますが、

私の場合、セミナーがきっかけで自分の心にウソをつきながら就職活動するのをやめ、
興味がないのに無理やり興味があるフリをするのをやめようと、と心に誓いました。


そしてある日、“選考を通過するか/しないか“を左右する最大の要素に気づいたのです。
その時の「これだ!!」という興奮は今でも昨日のことのように覚えています。

その日を境に、私の選考通過率はケタ違いに上がりだし、やがて
1社からトップ内定が出た途端、次から次へと企業からの内定通知が来るようになりました。


第一志望群から6つ内定が出たところで、真剣に検討に入るために
残りは全て辞退しましたが

「就職活動のカラクリ」を身をもって知った瞬間でもありました。

模擬面接もいっぱいこなしました

模擬面接もいっぱいこなしました
就職スクールでは、自分の面接している姿をカメラで撮ってもらい
その姿を分析したりしていました。

また、同じ就活生同時で面接官と受験生の役を交互にやる、
いわゆる模擬面接もいっぱいこなしました。

でも、いつも「こんな練習でいいのかな?」と不安に思っていました。
本番で果たして役に立つのだろうかと・・・

このおかげで自分の面接に変な癖がつき、最初に出てくる若手社員には
バレなくても、面接慣れしたベテラン社員にそれを見抜かれ

“素”の姿、着飾っていないありのままの実力を見極めようと
変則的な面接をされ、結果的に面接も難しくなって選考に落ちる可能性が
高くなっていたと分かったのは、だいぶ後になってからのことでした・・・



今だから話せますが、こんな恥ずかしい事ばかりしていたのです。
これでは選考に通りませんし、就活が楽しくないのも当然です。


キャリアセミナーに参加して「自分に正直になろう」と決心したことで、
初めて私は“自分が心の底からやりたい事”に気づくことができ、
その後“内定ハンター”への道を歩んでいくことになります。

実はエントリーシートこそ

実はエントリーシートこそ
記入欄がいっぱいあるエントリーシートを見るために、
「げっ、こんなに書かないといけないのか」とイヤな気持ちになっていました。

何の戦略も持たず、ひとつひとつその場で聞かれた質問に答えていたため、
とにかくひとつ作るのにすごく時間がかかっていたのです。

結果として、提出に間に合わなかったり、
そもそも記入欄が少ない企業から順に書類を提出したりしていました。


実はエントリーシートこそ、面倒な難関ではなく、
全体構造を理解して自分の「型」を作ってしまえば、時間もかからず それだけで他のライバルと大きな差をつけられるチャンスなのだと知らずに・・・

志望動機こそまさに

志望動機こそまさに
「私は学生時代に●●をしていました。
 そこで出会った御社の○○に感動し、是非御社で働きたいと思いました。
 私の強みは■■で、□□という点で御社に貢献できると考えます。」
というパターンで作っていました。

自分がある程度詳しい業界であれば、●●や○○は埋められますが
実は興味のない業界だったりするとそれすら思い浮かびません。

そのために、業界本を読んだり、他人が書いた志望動機を拝借して
つなぎ合わせていました。

結果として、全然思ってもいないことを無理やり書くことになり
全然心が入っていない志望動機が出来上がりました。

採用する側からすると志望動機こそまさに一瞬にして学生を選考から落とす
ことのできる項目だと知らずに・・・

書類や面接で落とされるとヘコみます

書類や面接で落とされるとヘコみます
まるで自分のこれまでの人生を否定されているんじゃないかとすら感じます。

しかも、応募企業全てから落とされて手持ちの駒がなくなってしまうと、
「内定が出ないかもしれない」という焦りが膨らみ、
手当たり次第何でもいいから応募しちゃえ、という心理すら働いてしまうのです。

一括応募しすぎて、リクナビのメール受信欄が
ごちゃごちゃになり身動きできなくなったこともありました。


そこまで自分を見失っていた私の「就職活動の流れ」が完全に変わった のは、
たまたま参加した2時間のキャリアセミナーがきっかけでした。


学生がメインではなく、社会人向けのセミナーです。
会社の中で何年も揉まれて、今後のキャリアについて悩んでいる人が対象です。

だからこそ就活の無料セミナーで普段聞く内容とは全くリアルさが違いました。
就職氷河期ですから、転職の世界はもっとシビアだったのです。

よくある“就職コンサルタント”が語る一般的でお行儀のいい就活論は一切なし。
一度社会に出るとこんなに厳しい世界が待っているのか、と痛感しました。


特に、ビジネスで成功した超有名ゲストスピーカーの話は刺激的でした。

「“就職したい”と思った時点で既に負け。会社と50/50で勝負していける人が企業の雇いたい 人」
「日本だけの枠で考えない。世の中にはいろんな人がいる。その中で“自分らしい”ところを探す」
「人間はいつか死ぬ。1度きりの人生なのに、自分のやりたい事を仕事にしなくていいのか?」
「才能がある奴にぶつかると、逃げではなくて本当の自分の才能に気づく」
「“絶対やり切る”という意識を持つのがプロ。就職活動においてもプロになることが必要」


今でこそ私にとっては当たり前の内容ですが、
学生だった当時はガーンと頭をハンマーで殴られたぐらい衝撃的でした。


なぜなら、それまでの私がやっていたのは・・・

書類選考や1次面接で敗退を繰り返し

書類選考や1次面接で敗退を繰り返し
そんな就職の超氷河期に私が選んだのは、
大学3年生の秋からマスコミ就職スクールに入学するという選択肢でした。

当時バリバリ就職準備をしていた同い年の彼女も行ってましたし、
小論文やESのまわし読みも役に立つだろう、と考えたからです。

超有名スクールとこじんまりとしたスクールの2つに通って月謝は4万円。

学生にとっては決して安くない金額でしたが、
将来への投資だと考え、思い切って決断しました。


しかし、ヘルプを求めて就職スクールに通っているのにも関わらず、
逆に私はどんどん不安が膨らんでいくのに気づきました。

周りの「マスコミに就職したい!」という学生たちとの
“情熱のギャップ”を日に日に感じるようになったからです。

特に自分が「こうなりたい」という具体的なイメージを持っていないため
エントリーシートの志望動機欄に書く内容が全く思いつきません。


みんなは“自分のキャッチフレーズ”を作ったり、
絵と写真が満載の作りこまれたエントリーシートを用意したり、
面接における一発ネタを準備したり、と余念がありませんでした。

私一人、そんな仲間と一向に準備が進まない自分を比較してただただ焦っていました。


でも、もともと情熱がないところに火をつけようとするほど難しいことはありません。

年明けには選考が始まりましたが、不完全な書類を提出しても結果は見えていました。
書類選考や1次面接で敗退を繰り返し、
応募できる手持ちの企業を全て失ってしまったのです。

なりふり構わず就職活動をしなくては

なりふり構わず就職活動をしなくては
採用する側の仕組みを全て知り、そして過去10年以上にわたって
キャリア形成のアドバイスをしてきた今だからこそ



と断言できますし、それが真実だと知っています。


しかし私が学生だった時はそんなことには全く気づかず、
あなたと同様、手に入る情報だけを頼りに手探りでやっていました。


・パッと見て良さそうな“学生時代に頑張ったこと”の文章を就活雑誌から
 見つけてきて、400文字以内で収まるよう自分流にアレンジしてみたり、

・内定した先輩のエントリーシートを入手して“志望動機”の良さ そうな
 ところだけをつまんでみたり

・模擬面接で他の学生が話している“自己PR”の使えそうな部分だけを
 メモっておき、あとで自分のアピールネタとして別の場所で話してみたり

…とまあ、他にも思いつく限り色々とやっていました。


しかし、なりふり構わず就職活動をしなくてはいけない事情もあったのです。

就活生にとっては“驚き”

就活生にとっては“驚き”
まず、このサイトを読むことで今日あなたが手にするのは、
私がこれまで約500社の企業において導入を支援してきた、

「どのような学生を採用すれば良いのか?」
「どんな選考基準で、学生をどうやって評価すればよいのか?」

という、就活中の学生なら一度は知りたい、
採用側がひた隠しにして表に出さない採用基準の数々です。


就職サイトで爽やかに語っている企業の採用担当者が語る内容とは
明らかに異なる彼らの本音の数々…

中には、目をそむけたくなるようなムゴイ話もあるかもしれません。


「採用は全員、顔で選んでいるよ!」と言い放つ採用担当者も本当に実在します。

「この大学までをAランクで、ここまでの大学をCランクで」とランクを付け、
 そのランク順で説明会に学生を呼んでいる有名企業もたくさんあります。


企業にとっては“常識”でも、就活生にとっては“驚き”だったりします。

そんなリアルな現実も頭の片隅に入れつつ、このサイトで
「自分らしく成功するための就職活動」について考えていただきたいと思います。

満足のいく形で就職活動

満足のいく形で就職活動
社会人という次のステージへ駆け上がっていただくためです。


「でも、就職氷河期と言われているのに、内定を取るだけでも大変じゃ ないの…」
「人気の大手企業や超有名企業は倍率が高くて、さ すがに無理なのでは…」
「実はまだ、本当にやりたい事が見えてないんです…」

という声が聞こえてきそうですが心配はいりません。


昨年も900人以上の方へキャリアアドバイスを行ないましたが、
私の所に相談に来ていた人達も、以下のような悩みを抱えていました。

「“自己分析が大事だ”って言われても、やり方も、なぜ必要なのかも分からない・・・」
「エントリーシートが全く通過しない。今のままではどこにも受からない 気がする・・・」
「面接での“自己アピール”が苦痛でたまらない。過去に自慢できる事などないから・・・」
「やっぱり、“一流大学”の学生にしか内定を出さない企業は、私には無理みたいだ・・・」


これらの悩みは、毎年就活シーズンに必ず出てきます。
しかし就職活動に対する“将来を見すえた考え方”と“内定を取る具 体的な方法”を
マスターしていれば、決して恐れる必要はありません。


その理由をこれから説明したいと思います。


だからこそ、就職活動シーズンを迎え
自分の将来に対して他の誰よりも真剣に考えているあなたに対し、

現実を美化して“夢のある将来”だけを語るつもりはありません。

私は今日、一切のキレイごとを言わないつもりです。


あなたがうすうす感じているかもしれない就職活動における残酷な現実と
それを楽しく乗り越える方法を、ストレートにお伝えします。

自信に満ち溢れて就職活動

自信に満ち溢れて就職活動
志望企業から「うちに来てほしい」と言われるようになったのか?


その秘密をつつみ隠さず公開します。

 

はじめまして。
キャリアコンサルタントの仲田志信と申します。
 

10年以上前の自分自身の就職活動がきっかけで、
「個人の能力開発とキャリア形成の支援」が生涯のテーマとなり、

今も毎年1000人近くの就職希望者にアドバイスを行なっています。


去年も某企業のリクナビ原稿を作成するなど、
人事コンサルタントや採用責任者としての経験も長いですが、

私個人が「納得のいく仕事をしてキャリアを楽しく形成したい」タイプで、
戦略コンサルタント、事業会社の海外事業責任者、企業の経営者として
仕事をする中で、様々な立場から人材の採用に関わってきました。

10代の時にリクルート社のHR部門で働いたり、アメリカのヘッドハンティング
会社で年収100万ドルの社長の採用プロジェクトに入っていたこともあります。
「就職活動」の内定マニュアル
最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
おすすめリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。