スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2017年就活失敗しないために】大学生の就職活動状況を優位に進める

【2017年就活失敗しないために】大学生の就職活動状況を優位に進めたるには?
「就職活動のカラクリ」を身をもって知った瞬間
私の選考通過率はケタ違いに上がりだし、やがて
1社からトップ内定が出た途端、次から次へと企業からの内定通知が来るようになりました。

第一志望群から6つ内定が出たところで、真剣に検討に入るために
残りは全て辞退しましたが

「就職活動のカラクリ」を身をもって知った瞬間でもありました




そのせいか、大学4年生の時には、現在も人気がある某就職サイトから
私の就活の成功体験をもとに、ひとつ下の大学3年生の就活の悩み相談に
のってほしいという仕事の依頼(意外と高額バイトです!)がきて、

就職サイトの進路相談コーナーにて就活のアドバイスをするまでになりました。

他にも、親しい後輩には直接アドバイスしたのですが、

それまで就職活動に不安がいっぱいだった3年生達が
自信を持って就活に取り組むようになり、マスコミや銀行、
商社やメーカーなど、第一志望企業に全員が内定したのです!

当時はまだ自分の就活経験しかなく、理論的にも不足していたのに
アドバイスした後輩全員が第一志望に内定したので、むしろ私自身がビックリしました。

この経験が、今のキャリアコンサルタントとしての私の原点となっています。

就活で人生が変わる
その後、社会人になってからも、転職したりMBA留学したり
会社を経営したりと、自分自身のキャリアを見つめてきました。

一方で、日本やアメリカでの採用の経験も交えて
就職や転職などキャリアに関するアドバイスや講演を毎年続けてきました。

そんな中、思うことがあります。

“就職活動を経て、自分の人生は変わった

アメリカでヘッドハンティング会社にいた頃、年収100万ドルの
エグゼクティブ採用プロジェクトにも関わりましたが

その時も、候補者たちの経歴をチェックしていて、

「やはりキャリア形成で最も重要なのは学校を卒業して一番最初に就く仕事だ」
と、実感しました。

今までどんな生活を送ってきたかは関係ありません。
「就活の時期に、それらの過去を一気にひっくり返すことができるからです。

ここに、ひとつはっきりしているデータがあります。

それは、
就活としっかり向き合い、試行錯誤しながら就職活動をし、
納得できる結果を出してきた人達の方が
社会人になっても満足のいくキャリアを積めている

というデータです。

コンサルティングファームの場合、新卒と中途が交じることが多く
仕事がデキる人とデキない人の差が見えやすいです。  

しかしそれ以外のどんな業種でも、実は25~28歳くらいになると
大学では差がなかったはずの友人と
社会に出てから随分と差がついてしまったように感じることが多いです。  

・能力はほぼ同じだったはずなのに、
 3年後の年収で200万円違っているという格差

・同じ大学同じゼミ出身なのに、
 就職先が違うだけで3年後に市場価値で大差がついている事実

このリアルな差は、さかのぼると学生時代に就活をいかに上手にやったか と関連しているのです。

就職活動で広がる格差
企業の規模や業種は関係ありません。
就職活動によって生じた差は、将来もっと露骨に大きくなって現れてきます。

そして、この差が最も出やすいのが、いわゆる超就職氷河期と言われる今年です。

なぜなら、特に2015年度は企業の採用コストが削られているため
他の学生より頭ひとつ高い可能性と熱意をじっくりと見極めようとするからです。

今までに1,000人を超える人事部長、経営者、採用担当者と「新卒採用」について
本音で語り合ってきましたが、今年は本当に各社が慎重になっています。

では、このように極端な就職状況の今年はあなたにとって「貧乏くじの年」なのか?

私はそうは思いません。むしろ逆です。

しかし、最初にもお話しましたが、

就職活動に対する“将来を見すえた考え方”と
“内定を取る具体的な方法”をマスターしていれば、
逆にチャンスにする事が出来ます。


なぜなら、この「就職氷河期」という言葉の影響力で
焦るあまり「自分を見失ったまま就活する学生」がさらに増えるからです。

実際に、あなたの1年上の先輩の就職活動ではこんな事が起こりました。

世界的な不況で企業は採用数を減らし始めたため、学生は就職への不安を覚え
「とりあえず内定」という意識が例年になく高まりました。

そして、多くの学生が1社でも多くエントリーし、説明会にひたすら参加しまくるといった
過度な「内定取得目的」の就活をするようになったのです。

多くの企業が例年にないほど、じっくりと学生を選考するスタイルに移行した事に気付かず…

その結果…

自分のやりたい事も入りたい会社もあいまいなまま行動した学生の多くが、
小手先の技術に頼り、それを企業に全て見透かされ、
結局就職に失敗するというケースが続出したのです。

要するに採用側から見て
「また、このタイプの学生か…。」
「いい加減うんざりだ…。」

と飽き飽きさせてしまうような学生が極端に増えたのです。

ある一流企業の採用担当は、面接で学生が何を話してくるのか
100%予測できるようになったと言います。

「成長したいと思います。」
「人を喜ばすのが大好きです。」
「社会に貢献したいです。」

これでは他の人と全く差がないので確かにキツイですね。

去年よりも状況がさらに厳しいと言われる2015年新卒。

ですから、今年は去年以上に、焦って「自分を見失ったまま就活する学生」が
さらに多く登場し、同じ失敗を体験する事は目に見える事実です。

だからこそ、多くの人が読む就活本にあるような「一般的な方法」だけにこだわらず
あなたの素晴らしさを表現できるような、上手な就職活動をできるかどうかで
大きな差がついてくるのです。

本を片手に、無理やり自己分析をして自分に嘘をついても仕方ありません。
先輩訪問や自己PR特訓など、がむしゃらな努力をしても報われません。

本来、魅力的なあなたが採用側に「つまらない学生」と思われてしまうこと。
これが本当に勿体ないのです。


2017年度「就職活動」の内定マニュアル 【 スゴイ内定術 】 ~満足のいく内定を取りたい学生の方へ~

今までの学生生活であまり就職を意識せず、
普通の学生生活を送ってきたのに
周りの人達を一気に追い抜き選考に受かる
にはどうすればいいのか?

先が全く見えない中でエントリーだけはしているが
今の自分のままで本当に内定をもらう事ができるものなのか?

あなたは就職活動をしながらこのような不安を感じているかもしれません。

でも、ちょっと待って下さい。

これまで10年以上、就職活動で成功したい人達へアドバイスしてきましたが、
数多くの内定者を指導してきて、はっきりと言えることがあります。
それは、今までどんな学生生活を送ってきたとしても、
就活の重要な“3つのポイント”をしっかり押さえれば内定は取れるという事実です。


この就活法に難しいことは何一つありません。
しかも、その日からすぐに就職活動の結果に違いが出てきます。




【2017年就活失敗しないために】大学生の就職活動状況を優位に進めたい
スポンサーサイト

テーマ : 就職活動
ジャンル : 就職・お仕事

「内定は数ではなく質」ですが、あなたの第一志望企業から内定を取るため

就活の掲示板や無料の就職セミナーなど、情報があふれている世の中で、
間違った情報に惑わされることなく選考に突破するポイントを
確実に押さえていった人達が志望企業から内定を受け取っているのです。

学校を卒業した次の進路、というのは人生において特に重要であり、
あなたにも最高の結果を手にしてほしいと、心から思っています。




自己分析やエントリーシートだけでなく、
面接やグループ選考、そして内定受諾 まで、全体を通して
具体的にどのような戦略で突破すれば良いかを公開します。

今までのべ10年以上に渡って、この就職活動法をアドバイスしてきました。

全員の内定先を追跡はしていませんが、把握できている限り、実際に満足できる
内定を得られなかったのは全体の2~3%にすぎないというデータが残っています。

全ての就職活動中の人に共通して言えることですが、
この方法を忠実に実践していただければ、
自然と内定をもらいやすい考え方と行動力が身についていきます。




この10年間の実績がそれを証明しています。

この“スゴイ内定術”を実践するにあたり、難しい知識や難しい方法は
一切出てこないようになっています。

また、マニュアルの中に就職活動においてやっていくべきことが
ステップバイステップで書かれているので、誰でも非常に簡単に行えます。

どこの学校に通っているか、ということも関係ありません。
これまでどんな学生生活を送ってきたかということも関係ありません。

もし今あなたが、企業へのエントリーなどでどんなに忙しいとしても、
隙間時間をみつけ、一つ一つ実践していくことにより、
内定に近づいていくことができるのです。

これまでに、多額のお金をかけて就職セミナーに通ってみたり、
就職活動経験者のアドバイスを取り入れてみたり、本をたくさん読んでみたり、
それでも全然先へ進めないという人もいると思います。

もし、あなたもその中の一人だとしたらご安心ください。
お伝えする内容は、そういった世間一般的なものとは内容の深さが違います。


では、この「スゴイ内定術」プログラムは

その前に今回はあなたに安心して実践していただくために
もっと内定率を高くできないかと考え、万全の体制を整えることにしました。


テーマ : 就職活動
ジャンル : 就職・お仕事

「就職活動」の内定マニュアル 満足のいく内定を取りたい

今までどんな学生生活を送ってきたとしても、
就活の重要な“3つのポイント”をしっかり押さえれば内定は取れるという事実です。

この就活法に難しいことは何一つありません。
しかも、その日からすぐに就職活動の結果に違いが出てきます。

内定をとるコツさえ分かってしまえば、就活が楽しくてたまらなくなって きます。
「これをマスターしているかどうかで、将来に大きな差がつく」といっても
言い過ぎではありません。

内定が出ないままずっと就活を続けるのは精神的にかなりキツイですが、
早い段階で志望企業から内定が出て、満足のうちに就活を終わらせることができたら、
残りの大学生活を有意義に過ごすことができます。

内定通知を受け取った時、「ああ、大学に行っていて本当に良かった!」と
あなたは心の底から実感すると思います。自然とガッツポーズが出るかもしれません。




就活の掲示板や無料の就職セミナーなど、情報があふれている世の中で、
間違った情報に惑わされることなく選考に突破するポイントを
確実に押さえていった人達が志望企業から内定を受け取っているのです。


学校を卒業した次の進路、というのは人生において特に重要であり、
あなたにも最高の結果を手にしてほしいと、心から思っています。

そこで、過去10年以上に渡り、実際に指導してきた内容のうち
最も効果が高かった具体的な方法だけを




あなたのことを知っている人でさえも 「面白い。是非この人に会ってみたい」と思ってしまうほど、
魅力的なエントリーシートを作成する方法です。

書く中身を今思いつかなくても大丈夫。
エントリーシートで出題される内容を徹底的に分析し 各質問に対する的確な答え方を知ることで、

採用担当者の心をわし掴みにする応募資料を作ることが可能になります。

面接に合格する人達にはある共通項があります。

それが何かを知り自分のモノにすれば
あなたが口下手であろうと緊張しやすい人であろうと、関係ありません。

あなたの魅力と熱意が相手に伝わり、面接に合格する可能性が高まります。




この“スゴイ内定術”を実践するにあたり、難しい知識や難しい方法は
一切出てこないようになっています。

また、マニュアルの中に就職活動においてやっていくべきことが
ステップバイステップで書かれているので、誰でも非常に簡単に行えます。

どこの学校に通っているか、ということも関係ありません。
これまでどんな学生生活を送ってきたかということも関係ありません。

もし今あなたが、企業へのエントリーなどでどんなに忙しいとしても、
隙間時間をみつけ、一つ一つ実践していくことにより、
内定に近づいていくことができるのです。



「志望動機を作るのが難しい」という声をよく聞きます。

しかし、今志望動機が作れない原因を分析しその対策を立てれば、
説得力のある志望動機を作ることは簡単にできます。

まずはお手本となる最強の志望動機がありますので、その構造を分析しながら
あなたならではの「絶対に不合格にならない」志望動機の作り方を解説します。

“夢”を持つことは大事ですが、それが就活で成功する必要条件ではありません。
それより無理やり“夢”を作りあげることの方がよっぽど問題です。

「あなたの夢は何ですか?」という質問にまだ答えられない人は
どうすればいいのか、その考え方を伝授します。

自己分析は“正しいやり方”をしないと、いくら時間をかけても全く意味がありません。
ただ自己分析シートだけをやっても使えないのです。

ここでは、内定に直結するポイントを重点的におさえた
“正しい順序”での自己分析法を分かりやすく解説し、
それをいかにエントリーシートや面接で使うのかを具体的にお見せしましょう。




「自分の強みがわからない」「自分の個性ってなんだ?」と悩んでしまった人が
その確かな答を得られる強力な手段があります。

これは米国MBAスクールの「セルフマネジメントクラス」でも教えられている方法です。

「自己PRしてください」という質問に真っすぐ答えようと苦しんでいる人を見かけます。
無理なトークをしたり、パフォーマンスをやっちゃったり・・・。

こんな間違いを犯さないよう、企業が本当はあなたの何を見たがっているのか、
採用する側の視点から解説します。

そうすればシチュエーションごとに何をどう答えればいいのか分かると思います。

一般の就活サイトや掲示板には書かれていないような内容ばかりを
取り扱っていますが、これはまだほんの序の口です。

あなたが今回手に入れる実践ノウハウは、
まだまだ、こんなものではありません。

自己分析やエントリーシートだけでなく、
面接やグループ選考、そして内定受諾 まで、全体を通して
具体的にどのような戦略で突破すれば良いかを公開します。


テーマ : 就職活動
ジャンル : 就職・お仕事

就職活動を全力でやり切ったあなたが

就職活動を全力でやり切ったあなたが
実は、就職活動を全力でやり切ったあなたが受け取るものは「内定」だけではありません。
自分が勝負すべき所で全てをやり尽くし,結果を出したという「自尊心」も手にします。

これこそ、あなたが社会人になっても成功していくための、ひとつの武器となるものです。

この就職活動を通して、明るい将来を自分で築いていきたいあなたを、
私は本気で応援したいと思います。

2014年度“就職活動”の必勝マニュアル

2014年度“就職活動”の必勝マニュアル
社会人になってからも、転職したりMBA留学したり
会社を経営したりと、自分自身のキャリアを見つめてきました。







一方で、日本やアメリカでの採用の経験も交えて
就職や転職などキャリアに関するアドバイスや講演を毎年続けてきました。

そんな中、思うことがあります。




アメリカでヘッドハンティング会社にいた頃、年収100万ドルの
エグゼクティブ採用プロジェクトにも関わりましたが

その時も、候補者たちの経歴をチェックしていて、

「やはりキャリア形成で最も重要なのは学校を卒業して一番最初に就く仕事だ」
と、実感しました。


今までどんな生活を送ってきたかは関係ありません。
「就活の時期に、それらの過去を一気にひっくり返すことができるからです。


ここに、ひとつはっきりしているデータがあります。

それは、

就活としっかり向き合い、試行錯誤しながら就職活動をし、
納得できる結果を出してきた人達の方が
社会人になっても満足のいくキャリアを積めている

というデータです。


コンサルティングファームの場合、新卒と中途が交じることが多く
仕事がデキる人とデキない人の差が見えやすいです。  

しかしそれ以外のどんな業種でも、実は25~28歳くらいになると
大学では差がなかったはずの友人と
社会に出てから随分と差がついてしまったように感じることが多いです。  


・能力はほぼ同じだったはずなのに、
 3年後の年収で200万円違っているという格差

・同じ大学同じゼミ出身なのに、
 就職先が違うだけで3年後に市場価値で大差がついている事実


このリアルな差は、さかのぼると学生時代に就活をいかに上手にやったか と関連しているのです。  


企業の規模や業種は関係ありません。
就職活動によって生じた差は、将来もっと露骨に大きくなって現れてきます。


そして、この差が最も出やすいのが、いわゆる超就職氷河期と言われる今年です。

なぜなら、特に2014年度は企業の採用コストが削られているため
他の学生より頭ひとつ高い可能性と熱意をじっくりと見極めようとするからです。

今までに1,000人を超える人事部長、経営者、採用担当者と「新卒採用」について
本音で語り合ってきましたが、今年は本当に各社が慎重になっています。


では、このように極端な就職状況の今年はあなたにとって「貧乏くじの年」なのか?


私はそうは思いません。むしろ逆です。
【就活】2014年度“就職活動”の必勝マニュアル 【 スゴイ内定術 】 ~心から満足できる内定を取りたい学生の方へ~


2014年度“就職活動”の必勝マニュアル
マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)Word&Excel2007資格取得通信講座
記憶術 新・原口式記憶術

就活のアドバイスをするまでになりました

就活のアドバイスをするまでになりました
そのせいか、大学4年生の時には、現在も人気がある某就職サイトから
私の就活の成功体験をもとに、ひとつ下の大学3年生の就活の悩み相談に
のってほしいという仕事の依頼(意外と高額バイトです!)がきて、

就職サイトの進路相談コーナーにて就活のアドバイスをするまでになりました。


他にも、親しい後輩には直接アドバイスしたのですが、

それまで就職活動に不安がいっぱいだった3年生達が
自信を持って就活に取り組むようになり、マスコミや銀行、
商社やメーカーなど、第一志望企業に全員が内定したのです!

当時はまだ自分の就活経験しかなく、理論的にも不足していたのに
アドバイスした後輩全員が第一志望に内定したので、むしろ私自身がビックリしました。


この経験が、今のキャリアコンサルタントとしての私の原点となっています。

自分の心にウソをつきながら就職活動

自分の心にウソをつきながら就職活動
何か自分にとってショックなことが起きた時、ヒトは初めて意識改革できると言いますが、

私の場合、セミナーがきっかけで自分の心にウソをつきながら就職活動するのをやめ、
興味がないのに無理やり興味があるフリをするのをやめようと、と心に誓いました。


そしてある日、“選考を通過するか/しないか“を左右する最大の要素に気づいたのです。
その時の「これだ!!」という興奮は今でも昨日のことのように覚えています。

その日を境に、私の選考通過率はケタ違いに上がりだし、やがて
1社からトップ内定が出た途端、次から次へと企業からの内定通知が来るようになりました。


第一志望群から6つ内定が出たところで、真剣に検討に入るために
残りは全て辞退しましたが

「就職活動のカラクリ」を身をもって知った瞬間でもありました。

模擬面接もいっぱいこなしました

模擬面接もいっぱいこなしました
就職スクールでは、自分の面接している姿をカメラで撮ってもらい
その姿を分析したりしていました。

また、同じ就活生同時で面接官と受験生の役を交互にやる、
いわゆる模擬面接もいっぱいこなしました。

でも、いつも「こんな練習でいいのかな?」と不安に思っていました。
本番で果たして役に立つのだろうかと・・・

このおかげで自分の面接に変な癖がつき、最初に出てくる若手社員には
バレなくても、面接慣れしたベテラン社員にそれを見抜かれ

“素”の姿、着飾っていないありのままの実力を見極めようと
変則的な面接をされ、結果的に面接も難しくなって選考に落ちる可能性が
高くなっていたと分かったのは、だいぶ後になってからのことでした・・・



今だから話せますが、こんな恥ずかしい事ばかりしていたのです。
これでは選考に通りませんし、就活が楽しくないのも当然です。


キャリアセミナーに参加して「自分に正直になろう」と決心したことで、
初めて私は“自分が心の底からやりたい事”に気づくことができ、
その後“内定ハンター”への道を歩んでいくことになります。
「就職活動」の内定マニュアル
最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
おすすめリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。